五反田コワーキングスペースの物件契約

五反田コワーキングスペースの物件が契約完了

とうとう物件が決まりいろいろな手続きがありましたが、無事契約が完了しました。

保証協会を立てての契約になるので、それだけでも結構な経費が掛かります。

契約には、不動産会社・オーナーが立ち会い三者(正確には4社)での解約が

交わされました。

これは大事なことなのですが、とっても儀式的な感じで1時間程度で終わり和やかな

雰囲気でした。オーナーさんも大変人のよさそうで、皆さん落ちついた大人の感じがあり

いいめぐり合わせです。新しいことを始めると新しいめぐり合わせがあり、そこで会う人

たちの相性が物事をどれだけうまく進められるかが決まってきます。

ここまで、めぐり合わせに感謝です。

契約後不動産屋さんと歩きながらいろいろアドバイスをいただき、業界の慣習や賃貸で

また貸しをすることが一番嫌がるとのこと、この点を誤解のないように理解いただくことが

大切です。直接貸した人の先にまた借主がいることがどんな人が使うかがわからないという

不安からくるものです。

この問題はこれから運営する事にも大いにかかわることなので、会員さんとの規約等での

決まり事をしっかり作って運用していくことが必要です。

この会員との契約書もこれから作っていきます。実際に運用している規約などを参考に

できればいいのですが、これから探します。

 

内装の計画へ

これから内装の計画に入ります。次から次へとやることが出てきます。

設計・施工とも友人の方にお願いして実施の予定早々に打合せの日程を組んで進めていきます。

これも今ままでやったことのない作業なので、信頼できる友人にお願いできるのが一番です。

メールや電話1本で了解が取れることがこれほど助かるとは、思いませんでした。

業者さん選びから始めては、時間がかかって設計の人がこの程度ならどこでもできる工事

とのこと、決め打ちでお願いしたほうがいいとアドバイス。ここでも良いアシストをもらい

ました。