内装工事の設計

五反田コワーキングスペース「Pao パオ」いよいよ内装工事へ

内装工事の設計者と工事を請負ってもらえる人と打合せです。

こちらの希望がとこまでかたまっているかそれをどこまで良い方向で

伝えられるか、人から依頼されて作る人の大変さはわかっているので

伝え方が難しいところです。そういえば「伝え方が9割」という本が

ありましたね。

すべてできるかわかりませんが、希望のポイントをまとめてみました。

  1. 創造的な作業をしやすい環境
  2. 通常のオフィスのような規則正しく整然と並んだ机はおかない
  3. 使う素材もナテュラルなものを多く使い、飽きのこない配色にする
  4. 机といすで個性を表現できるものを選んでおいていく
  5. 打合せスペースを作る
  6. 簡単なキッチン・ダイニングをつくる
  7. 集中できるスペースをオープンスペースと分ける
  8. 会議室をつくる
  9. 本棚をうまくレイアウトの中で生かしたい
  10. ロッカースペースを置く
  11. 電話BOXを置く
  12. 受付のバックヤードスペース(個室)を作る

これだけ出せばこちらのやりたいことは伝わると思いますが、これすべて

できるとは思わないので、一緒にやったほうがいい工事を優先的にやって

経費をなるべく抑えるようにしていきたいところです。

やはりこちらの希望を伝えるのに、事例が一番でやはりスペースの同じところが

参考になります。「ポータル」「7F」等はその筆頭になります。

どちらも似ているようで少し運営のシステム、考え方が違うのがはっきり分かります。

ここがコワーキングスペースの個性になり、システムそのものの形ができていくところです。

専門家の協力をもらいながら詰めていければと思います。

これでより具体的に進行がしていき、オープンのスケジュールも確定に近づいてきます。

11月オープンですが、10月にプレオープンができるように前倒しで行きます。