pao パオの使い方 Vol.1 会員さんに聞きました!

pao(パオ)ユーザーインタビュー

pao パオをご利用いただけている方、利用していただいた方にそれぞれの使い方をインタビューしました。
そんな使い方もあったかなどご参考になればと思いシリーズでお知らせいたします。

今回のインタビューは、台湾へのビジネス進出のサポートを行っている、合同会社ファブリッジの代表、御堂 裕実子さんです。御堂さんは,pao(パオ)が出来てから半年ほどたった2015年4月から会員になられ、現在はpao(パオ)のすぐ近くにある個室オフィス、台湾オフィス、そしてpao(パオ)の3か所を拠点にして忙しく活動していらっしゃいます。御堂さんは4歳と2歳の小さなお子様を持つお母さまでもあります。見た目はとても華奢ですが、子供を育てながら日本と台湾との懸け橋事業をしているなんて、一体どこにパワーを秘めているのでしょうか? pao(パオ)とともに歩んできたファブリッジの成長ストーリーとともにうかがってきました。

 

 

 

 

 

ファブリッジさんは、pao(パオ)ができたときからの会員なんですか?

いえ、2015年4月からなので、pao(パオ)ができてから半年ほどたったころからですね。ウチは創業したのは2008年で、それまでずっと自宅兼事務所と台湾事務所の2本立てでやってきていたんですが、ちょうど新入社員を雇うことになって手狭になりまして。それに自宅兼事務所だとどうしても公私混同になってしまうので、会社らしいオフィス環境を整えよう、とコワーキングスペースを借りることにしたんです。

pao(パオ)はどうやって探したんですか?

多分、検索なんじゃないかな。実は、ここを探してきてくれたのはウチの社員なんです。彼女の初仕事として、このあたりのコワーキングスペースやシェアオフィスを一通り調べて候補を挙げてもらいました。彼女自身が働きやすいところを選びたかったんです。

なるほど。他にどんなところが候補に上がったんですか?

色々とあったんですが、最終的にはpao(パオ)の他に五反田にあるコワーキングスペース2件が候補に残りました。

他の2つではなくpao(パオ)を利用しようと決めた理由・決め手は何だったのでしょうか?

予算と広さのバランスですね~。広いけれど高い、安いけれど狭い。pao(パオ)はちょうどその中間にあってバランスが良かったんです。だけど何ていうのかな、決め手をひと言で言ってしまうと「雰囲気」です。「居心地のよさ」というか。pao(パオ)は仕切りのある個別ブースではしっかり集中できて、お昼時などは休憩できるスペースもあって、全体的に開放的で「仕事がしやすいな」と思えました。

実際には、pao(パオ)はどのように使っているんですか?

「オフィス代わり」ですね。平日フルタイム会員なので土日を除く月~金の毎日ここに来て、作業をしたり、打ち合わせをしたり、クライアントが来てラウンジや会議室で打ち合わせをすることもあります。ロッカーも借りて資料なども置いていました。

今は、この近くで個室オフィスも借りていらっしゃるんですよね?pao(パオ)と両方使い分けているんですか?

そうですね。昨年秋からは別途個室オフィスを借り始めて、今は毎日の業務の中心はそちらの個室オフィスに移っています。ただ、pao(パオ)も併行して使っていますよ。個室オフィスって居続けるとどうしても息が詰まるんですよね。だから、ちょっと気分転換したい時はこちらに来て仕事をしたり、ランチはここに来てとったりしています。そうそう、午後のコーヒータイムは狙い時ですね。この時間にわざわざ予定を合わせて立ち寄ったりします。オーナー自らが入れてくれるドリップコーヒーは美味しいですっ!

ドリップコーヒーサービスは他のみなさんからも聞きました。人気なんですね~(笑)

その他にpao(パオ)を使ってみて良い点、満足している点を教えてください。

先ほどと重複してしまいますが、一番大きいのは「スペースの居心地の良さ」です。一つの空間でオンとオフを切り替えられる、ということですね。それと物理的な空間の良さとは別に、「全体の雰囲気」も気に入っている点です。「雰囲気」というのも、これが人柄から来ると言いますか、オーナーや他の会員さんとの「語らいのひととき」、これがいいんですよね。先ほどのコーヒータイムなどでも、コーヒーを飲んでくつろぎながら、他愛もない世間話をしてみたり、何気なしに日頃の困ったことを相談してみたり、そこからお仕事につながったこともありました。「雰囲気」が良くないと、なかなかこうした「語らいのひととき」は出来上がらないですよね。

逆に、pao(パオ)を使ってみて予想と違っていた点、改善した方が良いと思う点がありましたら教えてください。

難しい質問ですね~。これと言って特にないんですがあえていうと、最近pao(パオ)が人気になってきてしまっていることですかね。少し混雑してきていて、デスクなども初期の頃と比べて増えてきているし、最初のガランとした感じがなくなってきちゃったかな? まぁ、混雑するのはpao(パオ)にとっては良いことなんですが、こちらとしては少々複雑な気分ですね。

pao(パオ)をお友達に紹介いただけるとしたら、何と言って薦めますか?

う~ん・・・(20秒ほど考えて)

「くつろぎのスペースと集中できるスペースがあって、オンとオフをきれいに切り替えながら仕事ができる、駅近のコワーキングスペースがあるよ」

です!

ありがとうございます!それでは最後に、今後のpao(パオ)にエールを送ってあげてください。

はい。pao(パオ)さんの良さって、根本を突き詰めると、オーナー夫妻に行きあたると思うんです。ご夫婦あってこその居心地の良い空間。なので、お忙しくて大変だと思いますが、お二人とも頑張っていつまでも「番台」に居続けてください!

あっそれと・・・pao(パオ)さんでぜひ個室オフィスも始めてください!よろしくお願いします!

 

ありがとうございました!