オープンスペースでの有効利用

情報の分散と取得

「コワーキングスペースってなんですか?」てよく聞かれます。起業家の集まる懇親会で・・・

起業を目指している人でもまだ知らない人がいて、自分が思っているよりもまだ認知度の低さにちょっと期待感がましてた。

コワーキングスペースの良さを理解してもらえれば、必ずみなさんに利用してもらえることに確信が持てたと同時に、説明するとその期待感がひしひし感じられてこれはこの期待に応える場所と運営をしなければと子が引き締まる思いいでした。

コワーキングスペースを説明するとき、まずわかりやすくするためのフレーズとしては「しゃべれる図書館」「シェアオフィスにコミュニティがあるものオープンスペース」などと話した後の、そこに集まる人たちの属性とそこで起こるコミュニケーションがこれから始める企業やスタートアップ、もやもやサラリーマンの考える場所ですと説明します。そこでセミナー・イベントなどをやることでコミュニティの促進を図るんですよ…

ここまで来て頭の中でイメージを作れた人は「それはいいですねっといってくれます。

皆さん人が集まりオープンなスペースにいることで発生する良い刺激と、コミュニケーションに魅力を感じてくれています。

このオープンスペースというのが、やはりキーワードとして響いてくるのがわかりました。

ただスペースを提供するだけでないコミュニティという付加価値を付けたコワーキングスペースにしていくことを改めて決意しました。